本文へジャンプ


 オクラの生育状況


 
 

 9月中旬現在の概況・状況
◆生育状況(定植・樹勢・開花・着果の状況など)
台風が相次ぎ、暴風で上位葉がちぎれたり、生長点先端部が塩害で枯れあがったりと生育が中断していましたが、天候の回復により新芽が展開してきました。
◆生育状況の予測と収穫の見通し
スレ果、果実黒斑病、変果を摘果することで、樹勢が回復しつつあり、ゆるやかに開花数、着果量も増えてきました。9月中下旬にかけて収量が増加していく見込みです。
◆病害虫の発生
カメムシ、ヨトウムシ、葉すす病、うどんこ病等が発生しています。また、オクラ農薬管理表、月別ローテーション表に基づき、適宜防除を奨めています。
◆栽培指導・その他
葉面散布剤施用や窒素成分で3s/10aを目安に、追肥(同時に潅水)するよう指導しています。

ご利用にあたって  
Copyright(C) 2008 JA-TosaAki.All Rights Reserved.