<アブラムシ対策>

ハウス栽培で問題になるアブラムシの種類は、
ワタアブラムシモモアカアブラムシ
ジャガイモヒゲナガアブラムシ
チューリップヒゲナガアブラムシが問題になる。


ミナミキイロアザミウマの対策が一段落すると平行して、
アブラムシ類が大きな問題になってきた。
コナジラミ類と同様、
ハウス内への化学農薬投下量が
急激に減ったことで問題になった。

アザミウマ類対策で減らすことができた
化学農薬投下量ですので、
アブラムシ類対策でも何とか、
できるだけ化学農薬を使わないように
これまで様々な取り組みがなされてきました。

選択性殺虫剤の選抜に始まり、
寄生蜂の利用法の検討、
捕食性天敵の利用法の検討、
昆虫寄生性糸状菌の利用、

 


バンカー法の利用法の検討、等が
取り組まれてきました。